交通事故にあった場合の手続きについて

不運にも交通事故にあってしまった場合には、まずどのように手続きをすれば良いのか?
詳しい方は法律の専門家か、過去に事故に遭われた方かもしれません。
まずはじめに行わなければならないのは、「自分の体への気遣い」や「事故に遭われた方への気遣い」です。

強制保険(自賠責保険)や任意保険などについても連絡先はどこか?
など、普段経験しない事でいろいろ忙しくなります。
立川や国立にお住いの方で交通事故に遭われた場合は「ヒカル整骨院へご相談」くださるのが一番です。

最初の病院のかかり方が肝心です

事故に遭われた方は、最初の整形外科などの病院のかかり方が最も肝心です。その病院へのかかり方を当院(ヒカル整骨院)にご相談いただくことが良いと思います。
最初に保険会社への連絡の手順や方法などをアドバイスします。

これが後々(3ヶ月後や半年後)に症状(痛みなど)が残っているにも関わらず、事故被害者の方が正当であるのに通院させてもらえない・・・などといったことが無いようにしなければならないからです。

そんな時に法律の専門家の出番です。

負担金、着手金0円で「法律の専門家」(交通事故案件を多く扱っている司法書士や弁護士)もご利用いただけますので事故に遭われた方の精神的な負担を軽減し、治療に専念していただけます。

交通事故でよくあるQ&A

Q:交通事故に遭ったときにまず先にする事は?
A:被害者になってしまった場合、事故現場で行うことは、相手の免許の確認・現場の写真撮影(車・状況など)・できれば目撃者の連絡先確保です。過失割合なども後に関わってきます。

Q:整骨院で治療を受けるためには何をしたらいいですか?
A:保険担当者に電話などで「立川のヒカル整骨院鍼灸院で治療を受けます」とお伝えくださればOKです。法律的に許可されているのにも関わらず、担当者が「ダメ」と言う事があれば「その理由」と「保険会社のご担当者のお名前」をメモに控えるか、音声などのデータに残しておくのが良いでしょう。治療を受ける前にまずお越しいただく事です。

Q:損害賠償に必要な書類は何がありますか?
A:以下の書類があります。
・交通事故証明書〜最寄りの自動車安全運転センターで取得。

・診断書・診療報酬明細〜治療を受けた医療機関(整形外科などの病院:医師による診断)で取得。
・休業証明書・その他給与証明〜お勤めの場合はお勤め先、自営業の場合は税務申告書などで証明。
・治療費・交通費などの領収書〜タクシー・ガソリンなどの領収証は必要ですが、バス・電車などの公共機関は計算するだけで証明の必要はありません。
・後遺障害診断書〜後遺症が認められた場合、担当の医師に書いてもらってください。

Q:ひき逃げにあってしまった時の手続きはどうすればいいですか?
A:政府が保障事業を行っていて、お怪我に対する治療費や慰謝料はある程度補償されます。損保会社、協同組合、もしくはヒカル整骨院鍼灸院にてご相談ください。

Q:相手が任意保険に加入していなかった場合は?
A:ひき逃げや泥棒運転などの場合と同じく、政府が保障事業を行っています。少し手間はかかりますが、慰謝料や治療費は相手の自賠責保険で賄われます。(ただし自賠責では物損は対象外です!)こちらも当院でご相談承ります。

Q:保険会社の担当者の態度が悪く、理不尽な事を言ってきます。話したくないのですがどうしたらいいですか?
A:お気持ちはお察ししますが、基本的にはその担当者と手続きを進めていくことになります。ただし、保険会社の担当者というのは法律の専門家ではありませんので、事故被害者側(患者さん)が法律の専門家にお願いした場合には、保険会社側も弁護士などの担当者に変わる場合があります。保険会社側の担当者との交渉などがお気に召さない場合は、患者さんご自身で記録を残すか書面で提出してもらうなど直接保険会社に事情を説明してみてください。
事故被害者の方の要望が通らない場合は法律の専門家が代行する方法もあります。

ヒカル整骨院公式Facebook

PAGE TOP