四十肩、五十肩でお悩みの方

肩痛

立川で四十肩(しじゅうかた)、五十肩(ごじゅうかた)でお悩みの方、痛みが出ている方、肩が上がらないという方は立川市羽衣町の「ヒカル整骨院鍼灸院」にご相談ください。
ご自分の肩が今、どのような状況になっているのか?的確に判断し施術を行います。

四十肩?五十肩?

特に何をしたわけではないのに、肩が挙がらない、挙げようとすると痛いと感じた時、「ついに四十肩、あるいは五十肩が来たか」と思う方は多いのではないでしょうか?

肩痛

 

四十肩、五十肩は別名「肩関節周囲炎」と呼ばれるもので、加齢に伴う肩関節周囲組織の変性を基盤に、明らかな原因なしに炎症が発症し、肩を挙げる、腰に手を回す、髪を結う動作時に痛みと運動制限が起こるものです。

40代、50代の方に特に多く発症することから、四十肩、五十肩と一般的に呼ばれています。

また、腕を挙げる、回すなどの動作時に肩関節で重要な4つの筋(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)で構成される「腱板の断裂」

肩の筋肉

腱板に石灰が沈着して炎症を起こす「石灰沈着性腱板炎」も似たような症状ですが、それに加えて、腕を挙げようとしても力が入らない、夜間痛が連日続く症状が起きます。

石灰沈着性腱板炎

このような場合はヒカル整骨院からお近くの立川や国立の病院(整形外科)にて早めのレントゲン、MRIの検査をお勧めします。

腕は体のどこについているでしょう?

ところで皆さんは、体の中心が胴体だとして、腕は直接そこにはついていない(関節を成していない)という事をご存知でしょうか?

実は腕がつくところは肩甲骨なのです。

「腕が挙がりにくい時は、肩甲骨を動かしましょう」と聞かれた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

腕を挙げる時は肩甲骨も一緒に動いていかないと真直ぐ耳につくぐらいまでは挙げられません。

鎖骨

しかし、肩甲骨も実は胴体にはついていません(上に乗っかっているイメージ)。
肩甲骨がつくのは鎖骨だけです。
そして、鎖骨が胴体についています。

肩甲骨

であれば、お分かりですね。
腕を挙げるなどの動作をする時は、もちろん肩甲骨の動きも重要ですが、鎖骨の動きも重要です。

腕を動かす際は、肩甲骨と鎖骨の動きを意識していきましょう!

「腕が最近、挙がりにくいな。腰に手を回しづらいな」と思う時は、すぐにでも当院に、ご相談ください。

肩甲骨と鎖骨の動きの柔軟性を高めていきましょう!

関連記事

  1. 肩こり

    肩コリでお悩みの方

  2. 椎間板写真

    ヘルニア・首のヘルニアでお困りの方

  3. 脊柱管狭窄症

    脊柱管狭窄症でお困りの方

  4. 森林浴のススメ

  5. ギックリ腰

    ギックリ腰でお悩みの方

ヒカル整骨院公式Facebook

PAGE TOP